ピアノを弾くときの椅子の高さは何cmにすればよいでしょうか。ピアノの椅子の高さを決める2つのポイントについて解説します。

ピアノの椅子の高さの画像

ピアノの椅子の高さを決める2つの要素

  • 鍵盤に手を置いたときに、手首から肘までがだいたい水平であること
  • 足が床についていること

この2つの要素を満たしていれば大丈夫です。

簡単に目安となる椅子の高さを算出してみましょう

理屈は後述しますが、目安となる椅子の高さは計算式によって簡単に出すことができます。
身長とピアノの鍵盤までの高さを『半角』で入力して『計算実行』ボタンを押してみてください。

身長を入力してください
cm
ピアノの鍵盤までの高さを入力してください
cm

ピアノの椅子の高さ(目安)
48.9 cm

私の身長(170cm)でピアノの鍵盤までの高さ73cmですと、おおよその椅子の高さは48.9cmになります。
個人差がありますので、この記事を参考に微調整していただけたら幸いです。

ピアノの鍵盤までの高さについて

ピアノの鍵盤までの高さというのは、特に基準が定められているわけではなくピアノ毎に微妙に異なります。
いくつかのピアノについて、実際に測ってきました。

メーカー 種類 機種 鍵盤までの高さ
YAMAHA 電子ピアノ CLP-545 73cm
CLP-575 73cm
CVP-609 73cm
AvantGrand N3 73.8cm
KAWAI  電子ピアノ LS-1 74cm
CN-25 73.5cm
CA-67 73.5cm
CA-97 73cm
アップライトピアノ K-300 76cm
K-700 75.5cm
グランドピアノ GX-3 73cm
GX-5 73cm
SK-EX 73cm
Roland 電子ピアノ HP-504 73cm
HP-508 73cm
HP-603 72.5cm
HP-605 72.5cm
LX-7 72cm
LX-17 72cm
casio 電子ピアノ AP-460 73cm
GP-500 73cm

鍵盤までの高さは、73cmが多いという結果になりました。ただ設置場所等によって誤差がある可能性がありますので、実際に測ってみることをおすすめします。

鍵盤に手を置いたときに、手首から肘までがだいたい水平であること

ピアノの姿勢-肘から先の腕を水平の画像

詳細な部分は、ピアノを弾くときの姿勢の記事で解説していますので、ここでは簡単に解説します。

  • 水平にすることで『力を必要以上にかけなくてもピアノを弾くことができます』
  • 体にかかる負担が軽くなり『疲れにくくなります』
  • 負担が小さいということはそれだけ『怪我のリスクを減らすことができます』

正しい椅子の高さでピアノを弾くことで、沢山のメリットを得ることができます。

ポイントは、肘の高さが手首より若干高いぐらいに調整することです。

逆に注意点は、肘の高さが手首より低くならないようにしてください。
低くなってしまうと逆に身体に負担を与えてしまいます。

鏡やスマートフォンで確認してみるのがオススメです。

ピアノ用の椅子には、『段階的に調節できる』椅子と『無段階に調節できる』できる椅子の2つのタイプがあります。
個人的には細かく調節できる『無段階』タイプの椅子が良いと思います。

私も最初段階的に調節できるタイプを購入したのですが(安かったので)、結局無段階に調節できるタイプを買い直すはめになりました。

無段階に調節できる椅子の写真

無段階に調節できるタイプは、写真にあるダイヤルを回すことで高さを細かく調節することができます。

足が床についていること

ペダルの使用有無にかかわらず、足が床についていることは重要です。
なぜ重要なのかを解説します。

足が宙ぶらりんの場合

分りやすく説明するために通常ありえませんが、鉄棒に腰掛けた状態を想像してみましょう。
仮にその状態で、固定された鍵盤を強く押したらどうなるでしょうか。

ピアノの椅子の高さの説明-鉄棒に腰掛ける-1の画像

当然まぁ、、こうなりますね。

ピアノの椅子の高さの説明-鉄棒に腰掛ける-2の画像

実際には椅子に座っているのでひっくり返ることはありませんが、後ろに倒れようとする力は働きます。
これは誰でもすぐに実験し、体感することができます。

やり方は、椅子に座り(背もたれには寄りかからないでください)足を浮かした状態にします。
その状態で、机などを鍵盤だと思って何度か押してみてください。
後ろに倒れようとする力を感じることができます。もっと力を加えていくと太ももが浮きます。

この力の正体は物理法則である作用反作用の法則の『反作用』といいます。
高校の物理の授業で習っているのでなんとなく聞き覚えがあると思います。

鍵盤を押した力が『作用』、鍵盤が押し返してくる力が『反作用』になります。
押した力と同じ分の力が返ってきます。

ピアノの椅子の高さの説明-作用と反作用−1の画像

要するになにが言いたいのかというと、足をつかないで演奏すると物理法則に振り回されて上体がグラグラしてしまいます。

ピアノの椅子の高さの説明-作用と反作用−2の画像

演奏どころではないので、身体は筋肉や関節を使って安定させようと頑張ります。
頑張るということは、当然時間を追うごとに疲れていき、関節や筋肉にも必要以上に負担がかかります。
また、余計なところで力を使っている分、演奏に注力することができず良いことはありません。

では、足をついていた場合はどうなるのか見てみましょう。

足をついていた場合

ピアノの椅子の高さの説明-足が着いている画像

物理法則に反することはできませんので、作用反作用の力は発生します。
ですが大きく異なる点として、足がついているので摩擦力が発生します。

ピアノの椅子の高さの説明-摩擦力について-1の画像

この摩擦力によって、『反作用』の力の多くを地面に逃がすことができます。
先ほどの実験を足を着いた状態で、やってみていただくと効果が実感していただけると思います。

実際には『反作用』の力を摩擦力によって熱エネルギーに変換しています。 発生する熱は小さいものなので触ってわかるほどには温度は変わりません

ピアノの椅子の高さの説明-摩擦力について-2の画像

色々解説しましたがやったことは『ただ足を着いただけ』です。
それだけで多くのメリットを得ることができますので是非実践してみてください。

1つポイントを挙げるとすれば、効率よく摩擦力を利用するために『背筋を伸ばす』ことです。

足が着かないお子さんの場合でも、今まで解説した現象はもちろん発生します。
物理法則に振り回されて上体が安定しないと、上達の妨げになってしまうことも考えられますので、ピアノ補助台をご検討されるのが良いと思います。

ピアノ補助台は、足がつくように高さの調節できる台です。ピアノ用のものは動かないようにしっかりとした作りになっているのが特長です。

次は楽譜の読み方になります。

姿勢についてもっと知りたい方はこちらが参考になると思います。
よろしければご覧ください。

それでは楽しいピアノライフを♪