ピアノを弾くときの手の形はどうやって作れば良いのか?手の形の作り方を詳しく解説します。

まずは、理想的な手の形について考えます。

理想的な手の形とは

理想的な手の形とは、自分が鍵盤を押したいと思った時に、思い通りに指が動かすための形、すなわちいつでも指が動かせる準備のかたちと言えます。

運動で言うよーい、ドンの『よーい』です。

ready

ただ一口に手の形といっても、陸上スポーツで短距離だったらクラウチングスタート、長距離だったらスタンディングスタートと準備のかたちが違うように、ピアノでも曲によって使い分ける必要があります。

ここでは一番基本的な手の形をご紹介します。
基本を覚えておけば応用はいくらでもできますので、まずは基本的な手の形を覚えてしまいましょう。

手の形を作る上で大切なこと

体勢に無理がないこと

リラックス

演奏することで、指が痛くなったり手首が痛くなってしまっては、意味がありません。体勢に無理がないというのは一番身体にとって自然なかたちであるべきです。

手にとって一番自然な形とはなんでしょうか。

立って腕から力を抜いてみてください。そうするとなんの力も入れていないのに指が自然に内側に向いていると思います。

このかたちが手にとって一番自然体です。自然体ということは、力が入っていないリラックスした状態にあるということです。リラックスしていることで手は本来の実力を思う存分発揮できます。

また、自然体ということは身体にとっても自分にとっても楽な姿勢です。楽な姿勢ですから疲労軽減や怪我の予防としても効果があります。

ピアノを弾くときの手の形もこのかたちが基本形になりますが、このままだと鍵盤に手を置けませんからピアノに置くかたちにしていきましょう。

2パターン用意しましたのでお好きな方で試してみてください。

手の形の作り方

パターン1 神社のお参り

これはピアノを正しく弾く姿勢についての記事で書いたやり方と同一です。

Step.1 手を合わせる

神社でお参りするときのように手を合わせます。

神社のお参り

Step.2 膨らませる

そこから親指以外の指で(親指はそのままです)、指先は離さずに膨らませるようにします。

手を膨らませる

その状態で手のバランスが整っていれば(ぐらぐらしない)その状態がピアノを弾くときの手の形になります。

完成

そのままピアノ(机でも大丈夫です)に手を置いてみましょう。

完成

この手の状態が基本的なピアノの演奏するときの手の形になります。

パターン2 幽霊

Step.1 腕を伸ばして手の力を抜く

腕を伸ばし幽霊のように手首から先の力を抜きます。

幽霊のポーズ

完成

そのままピアノ(机でも大丈夫です)に手を置いてみましょう。

完成

この手の状態が基本的なピアノの演奏するときの手の形になります。

番外編

私が小学校低学年のときに習った手の形は、卵を持っているように作る手の形でした。

卵を持つような手の形

指が立っているのが特徴の手の形ですが、色々調べなおしたところ、基本の手の形でここまで指を立てる必要はないという結論になりました。

曲によってはこの形をしたほうが弾きやすい場合もあると思いますが、それは基本的な形を覚えた上で、ご自身で判断して使えばよいと思います。

以上で手の形については終了です。

ピアノを弾くときの手首について詳細な解説は手首の角度 で、ピアノを弾くときの椅子の高さは、ピアノの椅子の高さについてで詳しく解説しています。ご興味のあるかたは合わせて是非ご覧ください。

最後に

お話したとおり手の形は、弾き始めの準備の形です。
弾き始めたあとは姿勢さえあっていれば、どんな手の形で弾いても問題ありません。
自分が弾きやすいと思った形で、自由に弾いてみてください。

強いてあげるならば、硬質な音にしたい場合は指を立てて弾いてみたり、柔らかい音にしたい場合は指を寝かせて弾くと良いかもしれません。

また、ピアノを演奏することで、指が痛くなったり手首が痛くなってしまっては、意味がありません。

練習による筋肉痛であれば別ですが、痛みというのは身体の危険信号です。
痛くなるようであればフォームが間違っているか、合っていない可能性があります。
フォームを見直すか、知識のある方に相談したほうがいいと思います。

それでは楽しいピアノライフを♪